単なる普通の変な人

よく変と言われるけど私は普通の人です。

微熱があってしんどいのがデフォルト。

いつからなのかはっきりとは分からないんですが、30歳辺りから体調を崩しているのがデフォルトになりました。

 

元々虚弱体質でしょっちゅう体調を崩してはいたのですが、それがデフォルトになったのは多分それ位からです。

 

平熱は36.0〜36.2℃位ですが、大体が37℃前後でしんどいです。今日は珍しく平熱。でも寝不足で凄く眠くてしんどい。

胃痛は治まりました!やったー!

 

先日、ルイが発熱して会社を休んだんですけども、37.2℃で大騒ぎするし(ルイの平熱は私と同じ位)熱が引いた今も「しんどい」と言って会社以外外出しないので、「そんな事に気を付けるより、TVゲームやめろよ」って冷ややかに思ってます。

ルイが休んだ当日は、「TVゲームやってると熱上がるよ。眠剤飲んで寝た方が良い」と私が言ったのに無視してゲームをして熱が上がったルイに、「だから言ったじゃん」と言ってルイが騒ぐのを防ぎました。発熱で会社休んでるんだから、遊んで悪化させるんじゃねぇ。意味不明。

 

1年半位前に、私が38.5℃位の発熱で全く起き上がれない位しんどかった時に、ルイに「(徒歩30秒のコンビニで)お弁当を買ってきて」と頼んだらキレられたので、それを今でも根に持ってます。(家事は一切頼んでない。)

 

もちろん、そのしんどさや発熱の影響の表れ方に個人差がある事は分かってますが、治そうと自分が努力しないルイにはちっとも労りの気持ちが起こりません。

 

じゃあ何でまだ一緒にいるの?と聞かれたら、ルイが「努力する」と約束してくれたからでしょう。離婚騒動のあの時に、何時間も話し合って、私が伝えた問題点を、「努力して改善する」と約束してくれたから。それがなければ離婚一択ですし、現にルイは努力をしてる様です。

 

話がズレましたけども、もうこの歳になると自分と向き合うしかなくなってきます。それしか生きていく術がない。だから私は自分と向き合って、体調が悪い事をデフォルトと考え、少しでも体調がマシな日を増やそうと努力してる次第です。