単なる普通の変な人

よく変と言われるけど私は普通の人です。アイコンはあずらいちさん作画。

#私を構成する5つの漫画

小野さんとelveさんに便乗して私も書きます。Twitterでこのハッシュタグを見付けた時はあまりピンと来なかったのだけど、ハマった漫画はやはりありますね〜。

 

小野さんの記事はこちら↓

私を構成する5つのマンガ - おのにち

 

elveさんの記事はこちら↓

私の中の5つの漫画 - スナックelve 本店

 

1.海の闇、月の影

海の闇、月の影(1) (フラワーコミックス)
 

全18巻。

主人公の流風(るか)は流水(るみ)と一卵性双生児で、とても仲良しな姉妹。共に陸上部で他人からは見分けがつかない程似ている2人は、同じ男性(当間)に想いを寄せる。当間は流風を選び、流水は悲しい気持ちを抱えつつも流風を祝福する。

陸上部の合宿で訪れた場所で崩落が起こり、そこで発生したガスの様なものにより2人以外は死亡。2人は生き残ったものの、その日から何か違和感を感じる。実はそのガスの様なものは特殊なウィルスで、そのウィルスに適応出来た2人は超能力を手に入れたのだった。

力を手に入れた流水は失恋の悲しみと流風への怒りを増幅させ、残虐な性格へと変貌してしまった。流水は流風から当間を奪うべく流風を殺そうとするのだった。

 

この1巻の表紙が記憶に強く残っていて、私の中ではこの絵がこの漫画を代表する絵となっています。

ウィルスに感染する前の流水はとても良い子でそういう性格も流風とそっくりなのですが、感染後は表紙の通り顔も変わってしまいます。とは言え一卵性双生児。作中では流風に扮して当間を騙そうとするシーンもあります。騙されちゃったんだったかな?

流風は自分のせいで当間が危険な目に遭ってはいけないと、当間から離れそうとする時があるんですよ。それが本当に、本当に、本当に苛々する!!!

話はどんどん膨らんで行って3人の恋愛模様だけに留まらなくなってしまうのですが、最後はしっかり終わった記憶があります。

当時はキラキラネームとかなかったので、流風と流水の名前は新鮮で私に響きましたねw

この漫画は非常に人気だったので、OVAが作られまして、私は母に頼み込んで買ってもらいました。代引きだったので一度母が受取拒否してしまうというハプニングもあったのですが無事に入手。多分1回しか観てないし、今は何処にあるか分かりませんw

自発的に漫画を集めたのはこの漫画が初めてだと思います。

 

2.なな色マジック

これはコミックは持ってなくてなかよしで最後まで読んだんですが、私の中に「普通の女の子が普通に過ごしてたら色んなイケメンに好きになってもらえる」という間違った認識を植え付けた罪深い作品として入れてみました。あさぎり夕の作品はそういうのが多い気がする…。

 

3.ぼくの地球を守って

ぼくの地球を守って 1 (白泉社文庫)

ぼくの地球を守って 1 (白泉社文庫)

 

全13巻。

elveさんと被ってますねw

elveさんも書いてますが主人公の亜梨子(ありす)が超絶ムカつく漫画です。木蓮もね。

ざっくりあらすじを書きますと主人公亜梨子を含む現代の人間関係が実は全て前世の人間関係の影響を受けていて、亜梨子の隣家の子の輪(りん)だけがその中で9歳歳下なのですがそれも前世に関係している事が徐々に判明していきます。

elveさんも言ってますが私もまんまと紫苑に感情移入しましたよー!だから玉蘭にめちゃくちゃムカついてたんですけど、最後に紫苑に苦しみを与えたのは秋海棠だったんですね。そこは忘れてたわ。

最後のシーン、確か波打ち際を亜梨子と輪が歩いてるハッピーエンドだった気がする。強引だった様な。

 

4.行け!稲中卓球部

全13巻。

最初の方は絵がめちゃくちゃ汚いです。どんどん上手くなっていくのが衝撃だった。

この漫画は主人公の前野がいるものの、卓球部員全員が主人公と言っても過言ではありません。真面目な部長の竹田(巨根)、イケメンで副部長の木之下、ハーフの田辺(体臭がヤバいせいでモテない)、可愛く見えて実はめちゃくちゃスケベ&狡猾な田中、そして変態で要注意人物扱いされている主人公前野とその親友井沢。この6人を取り巻く日常が描かれます。

コメディなのであり得ないシーンとか沢山あるんですけど、私はこの漫画が発売される度に電車内で笑いを堪えて読んでました。家まで我慢出来なくて!

この漫画、人気が出るまでに少し時間がかかったので、最初は人に勧めてもやんわり拒否されてばかり。人気が出た後は貸して貸しての嵐でした。人間模様が見える。深夜アニメ化もしました。声つけるとダメだなw

 

5.ベルセルク

ベルセルク 1 (ヤングアニマルコミックス)
 

この漫画はまだ連載中です。完結してません。

作者が漫画を描く事に命をかけててよく入院してしまうので、休載も多いです。作者本人が「生きている間に頭の中にあるものを全て描き切れるか自信ない」と言ってる位ですw

 

主人公ガッツは劣悪な環境で育ってきた経験から、人と行動を共にする事を良しとせず傭兵として生計を立てていた。

そんなある日、鷹の団という傭兵集団に出会う。そのリーダーはグリフィスという美形の男性で、グリフィスがいるだけで周りの空気が変わる程であった。グリフィスはガッツを見込み入団を求めるがガッツは拒否。腕に自信のあるガッツはグリフィスと戦って負けたら入るという約束をしたが一勝負したところガッツは負けてしまい、鷹の団に入団することとなった。

ガッツにとって鷹の団は居心地が良く徐々に自分の居場所と感じる様になっていくのだが、ある事をきっかけに全てが狂い始める。

 

読み始めたのは22歳頃だったと思うのですが、20年程経った今も完結してません。現在は38巻か39巻まで発売されてるはず。新刊が発売される頃には前の巻の内容を忘れてるので、何巻か前から毎回読み直しですw

他にも「青の祓魔師」とかハマりかけた漫画は沢山あるのですが、何十年もかけて読み続け集め続けてるのはベルセルクだけです。

因みに内容はグロテスクでえげつないので、今から読まれる方はご注意を。明るい未来が見えたらぶっ潰されるという繰り返しで現実の様です。最後がどうなるのか、本当に本当に楽しみです。

 

他にも「帯をギュッとね!」や「ペケ」などあり迷ったのですが、でもやっぱりこの5作品!

マジで意味分からん。

elveさんがこんな記事を書いてました。

夜のテンションで書き上げるエントリ - スナックelve 本店

 

さめさんて・・・私とまだ仲が良かったころ、たまにDMしてきてはマリさんの悪口吹き込んできたんだよね。それも自分はこういう理由であの人のココを悪く思うって話じゃねーの。某氏から聞いた話なんだけどーマリさんてホントはこんなこと言うんだってー怖いよねーみたいなことをポン、ポンと投げてくるの。

 

この記事を読んだ時は「うわー、こええ」という感想しかなかったんですが、徐々にムカついてきたんで記事を書きます。

特にオチは無くて、主旨は「さめさんとそんな仲良くない」って事だけなんですけどね。

 

elveさんにさめさんが私の悪口を吹き込んでた時期がいつか分からないんですけど、私は多分さめさんとは2回位しか会った事ないんですよ。どちらもかなり酒を飲んでいたのでウザ絡みはしたかもしれませんが、さめさんから直接(暗に)やめてくれと言われたのは「女も良いよ〜」と耳元で囁いた事だけです。全く覚えてないけど、その頃は性欲が暴走していたので言ったと思う。

で、さめさんとはLINEを交換したけど本当に全くやり取りしてなくて、交換時に軽くメッセージを送り合っただけ。TwitterのDMも1回さめさんから送られただけで、気付くのが遅れて私が返信しても向こうからはその後音沙汰無し。なのでさめさんが私の事を嫌う理由が思い当たらない。もちろん今は全く連絡取ってないしさめさんが何してるのかも知らない。

 

elveさんの記事内でさめさんは人づてに聞いた私の悪口をelveさんに吹き込んだと書いてあった。その「某氏」には確かに私はキツイ事を言ったので某氏が私を悪く言うのは分かる。が、それは私と某氏の問題であって誰彼構わずキツイ事を言う訳ではない。理由があってのキツイ事or喧嘩なのだ。

 

時を戻そう。

 

陰口や悪口はさぁ、「自分が感じた事」「自分がされて嫌だった事」にしておいてよ。伝言(人づてに聞く事)がどれだけ信用度低いかって、子供の頃に伝言ゲームやって学んだでしょ?

大人になっても伝言ゲームの学びを生かさない人がいるのは知ってたけどさぁ、それにしてもあまりにもじゃないか?「人づてに聞いた悪口をまた別の人に吹き込む」って、相当な悪だよ。自分でそうなんだって思うだけならまだしも。私を排除したかったのかなんなのか知らんが、その時に私に伝えなかったelveさんには感謝。「自分で止める」って大事。何十年も生きて経験値が日々増えてるんだから、もっと成熟してくれよ。私みたいに未熟な人間にそんな事言われない位「立派な」「賢い」人でいてくれよ。

 

最後に、さめさん以外の人がこの記事読んで私に物言いしないでおくれよ。これは私とさめさんの揉め事だから。さめさんに悪口吹き込んだ某氏は例外として物言いしても良いけどねw

生理痛の重さ(酷さ)は本当に人それぞれなんだよ。

今日はかなり久しぶりに生理痛が酷くて仕事を休みした。自己嫌悪に陥っているので私の生理について書きます。

 

私は10歳(小学5年生)の時に初潮を迎えました。5年生6年生の時は「面倒臭い」「恥ずかしい」位のもので(下着を汚したりシーツを汚したりはありましたが)肉体的な辛さはありませんでした。

その生理痛が酷くなったのは中学1年生の時です。ある体育の授業の日、生理ではあったものの痛みもない私は大嫌いな長距離走の授業に出席しました。ひいひい言いながら1kmを走り、体育の授業を終え、着替えて次の授業を受けている内に痛みが…。

もちろん最初は我慢していましたが冷や汗が出てきて目の前がピンクに染まっていくのを感じ、これはヤバい、保健室に行きたいと担任の先生に申し出ました。クラスメイトの女の子が肩をかしてくれてよろめきながら何とか保健室まで辿り着いたのですが、その時には1人では立てず、目の前は真っピンクで何も見えない状態。痛みで冷や汗は止まらず服はびしょびしょ。保健室で鎮痛剤を飲んでベッドで一眠りしたら痛みは治りもう帰宅時間だったので帰宅したのですが、そこから私の生理痛の戦いは始まりました。

 

10代が一番生理痛が酷くて、月1で必ず(鎮痛剤を飲んでも)痛みで気絶していました。改札窓口の駅員さんに「中で休ませてくれ」と無理を言った事もあります(電車通学だったので何処かで倒れそうだと思った)。頼んでいる内に気絶して、気付いたら駅員室の布団で寝ていました。そういう事ばかりだと毎月の生理が本当に恐怖で、その恐怖がより一層痛みを強めていたのかもしれません。

 

20代は10代の頃よりはマシになって鎮痛剤さえ飲めば気絶する事はなくなりましたが、痛みでうずくまり動けなくなるなんて事はやはり毎月の事で、会社を休む事もありました。

タイトな服や身体を冷やすと生理痛が悪化するのは分かっていたのですが、その頃は「モテたい!」と思っていたので肌の露出やタイトな服を選んでしまい…。

 

30歳を過ぎたら少し楽になってきて、鎮痛剤を飲めば普通に仕事や家事、日常生活が送れる様になりました。良かったなぁ、このまま安定するかな?と期待しました。

 

が。

 

そうは問屋が卸さない。

 

40歳超えたら10代程ではないものの生理痛がまた重くなりました。20代と30代のごっちゃみたいな感じ。あと、腰痛(むしろこちらが激痛)が加わりました。

 

世の中には、「生理痛?ちょっと身体重くなるけど痛みは全くないよ」という人もいるので羨ましくて仕方ありません。

 

絶対思わないだろうけど、痛みが全くない人は自分の身体が素晴らしいのだと思って欲しい。思わないだろうけどね…。

 

どうでも良い事ですが、私は仕事を休む時はしっかり「生理痛が酷くて」と言います。「それ位で?!」と思われても構いません。もしかしたら「そんな酷いのか…」と思ってくれる人もいるかもしれないしね!

カジュアルセックスは否定しないが貴方とはやらない。

この前ふと思い出した事がありまして、さらりと流れて消えるかなと思ってましたが消えずに脳内に座しているので書きます。

 

結婚して暫く経った頃、飲み会の席で男女間でのセックスに至るまでの経緯についての話になりました。2年程前に禁酒して以降酒の席にはついていない私ですが、その頃は浴びる様に酒を飲んでいたので酒さえあれば知り合いレベルしかいない酒の席でも勇んで参上し再び浴びる様に酒を飲んでいました。

 

話は戻り。

 

その酒の席も知り合いレベルしかいない状態で、多数参加者がいたが為にテーブルは分散し会話は散り散り。結果的に正面に座った男性と2人で話す流れとなりました。そこで男性が切り出したのがカジュアルセックスに至るまでの女性との駆け引きの話です。

 

男「女って面倒臭いよね。こうやって酒飲んで身体寄せてきてるのにさ、誘って欲しくないみたいな顔しちゃって」

 

私「はぁ(酒うめぇ)(対面に座ってるけど…こうやって?)」

 

男「俺さ、嫌なんだよね。やりたいならやりたいって女も気軽に言えば良いじゃんね。お互いに目的が同じなんだから話早いじゃん」

 

私「そうですね(それは私もそう思う)」

 

男「なのにさ、いちいち男が機嫌取って誘わなきゃいけなくて、勿体ぶってさぁ」

 

私「女性も気軽に言うと良いですよね。女性も性欲あるし」

 

男「でしょ?!だからさぁ、手っ取り早く行こうよ」

 

私「え?いや、私は…」

(食い気味に)

男「はぁーーー?!?!?!やっぱりお前もなの?!言ってた事は嘘?やっぱりめんどくせぇな!!」

 

私「いや、そういう事ではなくて…」

(食い気味に)

男「だったら話早くしようよ!さっきそう言ってたし嘘じゃないんでしょ?!」

 

私「……(呆れ)」

私「ちょっと…待っててくださいね…トイレ行ってきますニコッ」

 

男「オッケー!早くね〜!」

 

幹事に1万円渡してそのまま席に戻る事なく帰りました。

 

女性も性欲あるしカジュアルセックスを否定しないしお互いがお互いに目の前の相手とカジュアルセックスしたいならそう言った方が話が早い、よく分かる。

でも私も相手は選ぶんで。貴方とはしたくないんで。

同じテーブルに座った男女はカジュアルセックスしなきゃいけないのかよ。どんな罰ゲームだよ。勿体ぶってるんじゃなくてお前とはしたくないんだよ、未来永劫。

 

性欲に関する話は、恐らく死ぬ迄男女間で真に理解し合える事はないんだろうなぁと思いました。

明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い致します。

 

今年はオリンピックイヤーですね。

オリンピックそのものより、オリンピックが日本で(東京だけじゃなくなったから…)開催される事により色んな諸々がどうなるのか見るのが楽しみです。わちゃわちゃするのかな。

 

それにしても身体が疲れ過ぎてて何もする気が起きない。年越し蕎麦も食べず。お節もお雑煮も用意せず。餅は食べます。

 

晦日は記事を書く事が出来ず…。

 

健康は宝、健康は金では買えない、とにかく健康第一。

 

今日はダラダラしよう。

気忙しい1年であった。

お題「2019年振り返りと反省」

 

elveさんにお題を作ってもらったので、今年を振り返っていこうと思います。

毎年あっという間に過ぎていってしまうのだけれど、今年はより一層そう感じました。ん、年々早くなるものだって話もありますね。

今年はあまりブログを書かなかったなーと思ってたんですが、自分で思ってるよりは書いていた。

元日に書いた記事に、

私はこれからも私の為に私のリズムで生きる。

人から信頼される人間になる。

と書いてありましてこの2つについては出来る限り努力をしていますし、生涯のテーマであるので引き続き心掛けていきたいと思います。

 

さて、私の中で今年一番大きかった事は「パート先を1年内に2回も変えた」事です。元号が変わった事よりも新天皇陛下が即位された事よりも、私にとっては大きな事でした。

よく考えたら2回変わったというか、昨年から引き続き働いていたパート先に加えて新しくパート先を増やしたら体調を崩して両方辞め、その後新しいパート先を決めたって感じでしたわ。

Wワークしてた感じになるんですかね。

その関係で2回も熱中症になったので、四季の中で一番嫌いな季節が夏になりました。昨年までは圧倒的に冬だと思ってたんですけども。

 

よく働きよく遊んでいたんですが、10月位にガクッと燃え尽き症候群の様になり今に至ります。寒くなってきたせいもあるのかもしれませんが全てに対して意欲が湧かず、途端に体調を崩しました。ずっと体の節々が痛い(現時点では高熱ではない)。力が入らない感じ。

 

今年はもう残り僅かですが、何とか細々と生きていければなぁと思っています。

 

そうそう、先日新パート先の方に素敵なハンドタオルをいただいたんですよ。「マリさんのイメージで買ってきたの」と言われたんです。そのハンドタオルは淡いピンクに淡い花柄でした。私のイメージってそんな感じなんですね!(違う

新パート先の方々とはなかなか良好な人間関係で、一緒にディズニーシーに行ったりしました。約10年ぶりに絶叫系に乗ったら血圧上がって目の前がチカチカになりまして、「これが噂に聞くやつか!」と半ば感動しつつ早抜けして帰宅の運びに。悲しみ…。そう言えば今年からファストパスがアプリで取れる様になったんです!便利〜〜〜〜!!

 

ハハッ、マトマラナイヤ!(ミッキーの声で

「牡蠣吸い放題」という文言に偽りなし。

先日、elveさんと牡蠣を吸いに幡ヶ谷まで行ってきました。オフレポ書くの久しぶりだなぁ。

 

elveさんの記事はこちら↓

牡蠣吸ってきた - スナックelve 本店

 

お店情報はこちら↓

牡蠣と魚 幡ヶ谷店

 

滅多に道に迷う事はないんですが(都内に於いては)今回は完全に迷い、最寄駅を間違えていたにも関わらず約束の時間丁度位に到着出来るはずだったのに5分以上迷ってやっと到着しました…。

しかも表入口ではなく勝手口の様な所から入ってしまったw

 

elveさんには先に始めてもらっていたので、私は2回目の牡蠣おかわりから参加。私だけで牡蠣20個近く食べた気がする…。

 

その他に頼んだ料理はelveさんの記事にも書いてありますが、牡蠣のなめろう、牡蠣フライ、牡蠣のペペロンチーノ(パスタ)、生タコの唐揚げ、だったと思います。これだけ食べて1人3500円位だったので良心的!男性がいたらもう少し料理を頼まないと足りないと思うので、男女比率でお会計金額は大きく変わりそうです。

あ、あと私達は殆どお酒を飲んでいない。それも関係してるかな。お酒が進む料理が多いので、お酒が好きな人は結構金額いってしまうかもw

 

満腹になった私達はその後お茶をする事に。

お店はこちら↓

東京都 コーヒーハウスぽえむ 幡ヶ谷店 - 【日本珈琲販売共同機構】昭和41年創業の直火焙煎した上質のコーヒー豆を使用し、一味違う本格的な珈琲をお出しする「コーヒー専門店ぽえむ」チェーン本部

50年以上の歴史のある、喫煙可の珍しい喫茶店。一番の売りはコーヒーらしかったので、私達はコーヒーを注文。ドリップする際に和紙を使うと金額が高くなります。私達は使いました。

…が、コーヒーに詳しくない私達。そもそもそのお店の和紙ではないフィルターでドリップされたコーヒーの味が分からない…。

普通に飲んで終了w

 

でも、沢山話せたから満足!

 

最近の私は低空飛行をしていたので、elveさんと話して笑って、浮上してきました。

elveさん、ありがとう!