単なる普通の変な人

よく変と言われるけど私は普通の人です。アイコンはあずらいちさん作画。

【ネタバレあり】映画「バグダッド・カフェ』感想。

名作だという事はずっと聞いていたけれど、何となく手が伸びないままに観ていなかった「バグダッド・カフェ」。2年前にディレクターズカット版が民放で放送されていて、録画だけして放置していたこの作品を少し前にやっと観ました。

観終わった時の感想は「良い映画だなぁ」でした。40代の今だからそう感じた気がする。20代とかだったら良さは分からなかったと思う(私の場合は)。

 

 

〈あらすじ〉

夫とアメリカを旅行中に喧嘩をしたドイツ人のジャスミンは、砂漠の真ん中で車から降りて自分の荷物だけを持って歩き始める。

 

一方、ブレンダはモーテルとガソリンスタンを併設したバグダッドカフェを砂漠の中で経営しており、日々の忙しさや家族の助けと理解がない事から精神的余裕がなく、常に怒鳴り散らす生活を送っていました。そんな中、何度言ってもコーヒーマシーンを買い忘れ、且つ道中で拾ったポットを誇らしげに見せる夫に対して怒鳴り散らし、夫は出て行ってしまいます。

夫は出て行ってしまい、娘は店を手伝わずブレンダの目を盗んでは遊びに行ってしまい、息子はピアノの練習に夢中で自分の息子(つまりブレンダの孫)の乳飲み子の世話もせずブレンダ任せ。カフェだけはカヘンカが担ってくれるけれど、何せ店の場所は砂漠の中で、客はトレーラーの運転手が数人来る程度で売上も芳しくなさそうです。

 

そんな中、このバグダッドカフェジャスミンが辿り着きます。砂漠のど真ん中で車も連れもなく徒歩で来たジャスミンを、ブレンダは怪しみます。ジャスミンの身なりは綺麗でお金持ちそう。ジャスミンは何泊になるかは告げず、とりあえずここに宿泊する事にします。

 

部屋に入ったジャスミンは荷物を開け、それが夫のスーツケースだったと初めて気付きます。間違えて夫のスーツケースを持って来てしまったのです。しかし近くに店もなく服の調達は無理。とりあえずジャスミンは夫の服をハンガーにかけて部屋に広げます。

 

部屋の清掃に入ったブレンダは、ジャスミンの部屋に男物しかない事でジャスミンに対する不信感を確たるものとし保安官に来てくれる様に電話をしましたが、保安官が来てジャスミンのパスポートと航空券を確認しても何も問題がない為そのまま保安官は帰ってしまいます。

 

やる事のないジャスミンはカフェでコーヒーを飲んだり夫の荷物の中にあった手品キットの練習をしたりしますが、カヘンカが昼寝をしている間にふと思い立ち、ブレンダの部屋(モーテルの受付)を綺麗に掃除します。帰宅したブレンダはそれを見て激昂し全て元に戻す様に言いますが、冷静になってやはり元に戻さなくて良いと言い、綺麗になったデスクを満足げに眺めます。

 

ふとしたきっかけでジャスミンはブレンダの娘や息子と仲を深めていきジャスミンにとっては楽しい日々でしたが、ブレンダにとってはそれは非常に面白くない事でした。

ある日、ジャスミンの部屋で娘と息子が楽しく過ごしている所にブレンダが割って入り「自分の子供と遊べ!!」と言い捨てて部屋を出ようとしますが、「子供はいないの」と悲しげな顔で言うジャスミンに心を動かされ、「傷付けるつもりはなかった」と謝罪します。

 

その日を境にジャスミンとブレンダはお互いを認め始め、仲を深めていきます。

 

毎日手品キットで練習をしていたジャスミンはカフェで手品を披露し喝采を浴びます。そのままジャスミンはカフェを手伝いながらカフェに来たお客さんに手品を披露し、その腕前はトレーラー運転手の間で評判になります。今まで閑散としていたバグダッドカフェは、ジャスミンの手品目当ての客で連日満員となりました。

 

そんな日々を楽しく送っていたある日、保安官がカフェに現れます。

ジャスミンは労働ビザを取得していなかった為、ドイツに強制送還されてしまいます。

 

ジャスミンがいなくなったカフェは寂しく、ブレンダは毎日ジャスミンからの連絡を待ちます。寂しくて寂しくて堪らないブレンダ。無言電話に対しても「ジャスミンでしょ?!何処にいるの?!」と問いかけます(本当にジャスミンだったか不明)。

 

一体何日経ったのか。寂しい毎日が過ぎるだけの日々。

そんな中、またジャスミンが現れます。今回はタクシーで。喜び抱き合うジャスミンとブレンダ。他の皆も大喜びでジャスミンを迎え入れます。そしてジャスミンはまたカフェで手品を披露する様になりました。

実は出て行ってからずっと見守っていたブレンダの夫は(長過ぎだろう!)ここで帰宅し、ブレンダと強く抱き合います。

 

ある日、モーテルの常駐客であるルーディはジャスミンの部屋を訪れ、「このままだとまた強制送還になる。でもアメリカ人と結婚すれば戻らなくて済む。私と結婚しないか?」とジャスミンにプロポーズし、ジャスミンは嬉しそうな表情をしながら「ブレンダに相談するわ」と答えます。

 

〈終わり〉

 

モーテルの常駐客であるルーディは作中でジャスミンをモデルにして絵を描いています。徐々にジャスミンは服を脱いでいき、最終的にはヌードに。これはジャスミンの心の動きを表したものではないかと推測出来ます。

 

ジャスミンもブレンダも共に夫と決裂して辛い心境の中出会い、物語は最後まで「女性の力で」動いてると感じました。

 

この作品は非常にゆっくりとした時間の流れを描いており、クライマックスがありません。強いて言うならジャスミンが強制送還される所かもしれないけれど、ほぼ盛り上がりがありません。単調な印象を受けますが、その分それぞれの人物を丁寧に描いています。言葉は多くないけれど、表情で物語る作品。

それぞれの夫婦が喧嘩する理由もよくある理由だし、大きな「何か」は、ジャスミンバグダッドカフェを訪れた事以外何もないのです。でもしっとりとしみじみと心に沁みます。

 

名作かどうかはよく分からないけれど、とても良い作品でした。中年女性の孤独や苛立ち、そして喜びがとても上手く描かれた作品です。

IL VOLOの事を書かずにはいられなかった。

IL  VOLOというのはイタリア人男性3人組の歌手です。今月来日してまして(既に日本を離れてます)、東京、神奈川、大阪で計6回のコンサートツアーが行われました。私は2回行きました。 S席1,9000円×2回。1回目の時は興奮してツイートもした。

 

 

元々好きだった訳ではなく、今回コンサートに行く事になったのも母に誘われてでした。コンサートに行くまでには数回動画を観た程度で、彼らのオリジナル曲を網羅していた訳でもありません。

 

で、行ったらまんまとハマったという…。

慌ててもう1度チケットを買った訳です。

 

IL  VOLOは、羽生結弦選手がエキシビションで彼らの曲を使った事で日本でも有名になりました。とは言え私は知らなかった。

ノッテ・ステラータ(星降る夜)

ノッテ・ステラータ(星降る夜)

  • Il Volo
  • ポップ
  • ¥250

 

MステやNHKの歌番組で披露していました。

 

彼らは今回の来日コンサートツアーでは、日本でも有名なパバロッティ、ドミンゴカレーラスの3大テノールに倣って有名な曲を何曲もカバーしていますが、やはりオリジナル曲が一番素敵なのですよね…当たり前だけど…。

 

今回歌ったオリジナル曲はこの2曲。

Grande amore

Grande amore

  • Il Volo
  • ポップ
  • ¥200

Musica che resta

Musica che resta

  • Il Volo
  • ポップ
  • ¥250

 

もうね、ずっと流れてますよ頭の中で。

だから書かずにはいられなかったんです…恋しそうだよ(´;ω;`)

 

(それにしてもこのiTunesの曲の切り取り方、センス無さ過ぎだろう!)

 

驚くべきは、彼らは現在24歳、24歳、25歳の3人組であるという事。この声と容姿と10年もキャリアがあるのにその若さ!!熟成されたらどうなってしまうのか…!!!

 

楽しみしかないですね。

 

5/21は関東公演最終日だったので、追加料金3万円(1人)を払うとバックステージにてIL  VOLOと一緒に写真が撮れるというサービス(?)がありましたが、とてもじゃないけど恥ずかしくて無理でした。肩組んだり抱きついたりして写真撮ってるのまぢ無理…(見本写真があった)。さすがにそこまでお金費やせませんしね…。

 

そうそう、今はどうなのか分からないんですが、5/21は上野駅の山手線発車音楽トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」でした。ずっとあのままなら良いなぁ。

プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》から〔カラフ〕誰も寝てはならぬ(第3幕)

プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》から〔カラフ〕誰も寝てはならぬ(第3幕)

 

10代も20代も苦しかったけど、40代の今は楽になってきた。

私には子供はいないが猫2匹と一緒に暮らしていて、毎日癒されている。

結婚しているので配偶者がおり、結婚を望んでいる人から見れば羨ましがられるのだと思う。

 

私はルイ(配偶者)との交際期間は3ヶ月と短く、入籍後にルイ自身の事を色々と知っていった感じだ。ビビビ婚ではない。お互いのタイミングが合ったからだと思う。

 

入籍して一緒に暮らし始めてから最近まで喧嘩は多かった。お互いの価値観の擦り合わせを行っている内に喧嘩になったり、明らかに片方に非があったり、原因は様々だ。でも、一昨年に私がお酒をやめてから喧嘩の回数は大幅に減った。ゼロではないけれど、今はかなり穏やかな生活を過ごしている。

 

今の穏やかな生活がいつ変化してしまうのかは分からないけれど、出来るだけ長く続いて欲しいと思う。

 

私の10代〜20代の頃の話をするとよく驚かれる。主に両親の話なのであるが、その中でダントツで言われる事は「よくグレなかったね」だった。その言葉の意味が分からなかったんだけど、最近分かった気がする。そして今聞かれたらこう答えたい。

グレてる余裕はなかったんだ

いつ事件が起こるか分からない、いつ両親のどちらかがどちらかを殺すか分からない、発狂するか分からない、自殺するか分からない、何が起こっても不思議じゃないと思っていた。だからグレたりせずにちゃんと家に帰って両親の無事や何も起こっていない事を確認しないと不安だった。

 

今考えると、そんな馬鹿な事は両親共にしないと思うが、当時は本当にそう思っていた。

 

今の穏やかな生活が続いてくれるのなら、10代や20代の自分が頑張った甲斐があるというものだ。人生は死ぬまで修行。それは忘れずに、でも柔軟に、忍耐強く、タフに生きていきたい。

「天使の歌声」…その評判に偽りなし。

先日、elveさん(id:elve)とペリーナさん(id:vicsam)とウィーン少年合唱団の歌声を聴きにサントリーホールまで行って参りました。

 

elveさんのオフレポはこちら↓

天使の歌声を聞いてきたよ! - スナックelve 本店

君は溜池山王駅から丸ノ内線を目指したことがあるか!? - スナックelve 本店

 

ペリーナさんのオフレポはこちら↓

合唱団も良かったけどお喋りいっぱいしたの凄く楽しかった! - vicsamの日記

 

チケットはelveさんが購入してくれました。

ウィーン少年合唱団の存在はずっと知ってはいたけれど、実際に聴くのは今回が初めて。「天使の歌声」と評されるその歌声を聴いてみたい。だがしかし。まだその時、私はそこまで期待していませんでした。後にその気持ちは良い意味で裏切られる。

 

ランチを食べて、軽くお茶をして、その後本番(?)というスケジュールを組んでおり、ランチはこちらでブッフェを食べる事に。

農家の台所 銀座店 - 銀座一丁目/バイキング [食べログ]

 

私が野菜好きという事を2人が気遣ってくれてここに決定!お店探しはペリーナさん、予約はelveさんがしてくれました。私は何もしてねっす(;´д`) 2人共ありがとうー!!

 

だがしかし。

何故だか私はこのお店を「浜松町駅が最寄り」と思い込んでしまっており、丁度私が浜松町駅に到着したそのタイミングでペリーナさんより「迷ってる」というメッセを受信。

私はお店にはまだ着いていないから詳細は説明出来ないけど、ペリーナさんから伝えられる情報をネットで確認して何か役に立てないかとお店情報を開いた所、お店の最寄り駅は有楽町(うちから行くのであれば)である事が発覚!!テンパりながら2人に降りる駅を間違えた&勘違いした事を伝え、またしても私は遅刻して到着。いつもいつもすまぬ(´;ω;`)

 

制限時間は60分と短めですが、お腹一杯食べる事が出来ました♪

あの甘い野菜は「ヤーコン」だったよ。一時期スーパーフードみたいな感じで騒がれてたなぁと思い、多めに食べましたw

 

その後、サントリーホールまでとりあえず移動し、その近くでお茶する事に。

このお茶時間に結構色々話す事が出来て、そこでペリーナさんに「結構マリさんって抜けてるよね」と見抜かれたのでドキィー!ってしましたw ペリーナさん、見抜くの早いw でもその後にelveさんと共に「そこがチャーミング」って言ってくれたので私はこのまま生きていきます!(キリッ

お愛想とか社交辞令とかそんな事はないはずだ!!何せ3人共大雑把な性格だと分かったから!!(何の根拠にもなっていない

 

楽しくお喋りをしている内にあっという間に開場時間に。慌ててサントリーホールへ移動。

 

開演までの間も引き続きお喋りは続き、全く脈絡のない話だったりあっちこっちに話が飛びまくりながらも楽しい会話は尽きない。チラシに書いてあるウィーン少年合唱団の簡単な説明を私が読み間違え、「10歳〜14歳の少年」のところを「0歳〜14歳」と認識し2人に伝える。誰も突っ込まず確認もせずそのまま話が続き、「0歳って事はお母さんも一緒に?」とか散々話すという、今思い出すと何かのコントかなって思う様な適当さが物凄く心地良いのです(帰りの電車で初めて気付いて訂正しました)。

 

さて本題のウィーン少年合唱団

私は男性女性問わず高い歌声が好きです。男性ならテノール。女性ならソプラノ。

ウィーン少年合唱団の魅せどころは、私は勝手に女性ソプラノキー(を少年が歌う事)だと思っていたのです。

全く違った。

 

キーで言えば確かに女性のキーです。

でも、女性とか明らかに違う、でも男性の声でもない。少年の声変わり前の何とも言えない透明感のある声。

天使の歌声とはこれだ。確信しました。

当たり前ですけども完成度も素晴らしい。本当に今そこで生で歌っているの?!と思う程ピタリと合った息。

ヨーロッパで昔、去勢をして声変わりをさせないで少年の声のまま育てられた人達の事をふと思い出してしまいました。

カストラート

カストラート - Wikipedia

映画もあります。

カストラート [DVD]

カストラート [DVD]

 

 

話は戻り、ウィーン少年合唱団

声変わり前の女の子にも、声変わり後の女性にも、ましてや声変わり後の声の高い男性でも絶対に出せない、独特の澄んだ声。

(大切な事なので2回言いました。)

感動してしまって、途中鼻水すするの我慢しました。

 

伴奏はピアノのみです。

アカペラ、もしくはピアノ。

カニエマイスターという方がいて(大人)、その方が指揮者とピアノを両方担います。多分先生的立ち位置なんだと思う…詳しく調べてないんですけども。

ウィーン少年合唱団のHP、ドイツ語と英語しかないんだよ(;´д`) 英語の方で少し読んだけど、多分1組に3人の大人(担当なのか役職なのかが違う)が担当していて、海外公演の際はカニエマイスターと呼ばれる人が引率する…みたいな事を読んで、その後読むのを放棄しました。

 

アンコールは3曲も歌ってくれました。

アンコール曲はHPで確認出来ます。elveさんが送ってくれた!ありがとう♪

これまでのアンコール曲 サントリーホール

 

あまりに感動したので、6月にもう一度聴きに行きます。チケット取りました。

 

令和も芸術に染まって行くぞー!!

「PLAZA」は昔「ソニプラ」と呼ばれていたお店。

先日、elveさん(id:elve)ともぐたん(id:mogmogmogtan)とプチプラコスメ散策&ケーキin新宿!オフ会(?)を行いました。

もぐたんとは1年半ぶり位に会ったはずなのですが、最近会った気分。歳を重ねるとこういう事増える。でも久しぶり感がないのは嬉しいなと思う、私は緊張しいなので…。

 

elveさんのオフレポはこちら↓

新宿で遊んできたよ!! - スナックelve 本店

 

まず待ち合わせはルミネ2にある行列店「サラベス」。

サラベス ルミネ新宿店 | Sarabeth's「ニューヨークの朝食の女王」- サラベス公式サイト

いつもいつもいつもいつも行列が出来てるので、いつか行ってみたいと思っていたお店です。

 

待ち合わせは10:45。

電車内でelveさんから到着した旨のメッセを受け取る。その時10:15。はええ!!安定の早さ!!「先に並んでる」というelveさんのお言葉に甘えてelveさん1人で先に並んでもらう事に。そしてもぐたん到着。私は5分程遅れて到着し、ほぼ並ばず店内に入る事が出来ました。elveさん、もぐたん、申し訳ない(;´д`)

サラベスは全員集まらなくても並べました。行列店には色々な独自ルールがあるから、行列店で並ぶ時は要注意です。改めてelveさんに感謝。

 

少しだけ並んだ時にelveさんに到着がえらい早かったねと言うと、「うん、迷うと思ったから早めに家出たの。京王線から南口に直接来られないじゃん?だから中央東口から出てぐるっと…」と話し続けるelveさんの言葉をぶった切って、もぐたんと私の2人で「京王線から南口に直接来られるよ!!」とつっこんでしまいましたw 「え?え?」と慌てるelveさんが可愛かったw

 

入店し着席。

私が注文したのはクラシックエッグベネディクト

f:id:mari1216:20190508205836j:image

スモークエッグベネディクトとかもありましたが、私はエッグベネディクト自体食べた事が無かったので、クラシックにしました。美味しい!ナイフを入れると半熟の卵からとろ〜りと黄身が流れ出てきます。どう食べたら良いか分からないので、1口大に切り分けて黄身を絡めて食べました。

 

その後PLAZAでコスメ中心にやいのやいの言いながら店内を見て回る。大声で笑って喋って歩き回ってたので、今考えると周りに迷惑だったかもしれない。反省。

でもめちゃくちゃ楽しかった!!

私は3点プチプラコスメを買いました。

 

 

上記3点を購入しました。まだ1点しか試してません。フジコのシェイクシャドウ使いました。かなり使い勝手良いです。全然ラメ落ちしないし色落ちもしない。水ベースのシャドウなのでアイシャドウベースは使わないのがおススメ。

 

数日前にオルビスのファンデとパウダーを購入していたので控えめにはした…(してない

 

PLAZAとISETANミラーを後にした私達。

15時に予約したカフェまではまだ時間がある。

どうしようかと考えてるとelveさんが「高島屋に行きたい」との事。今、イベントで肌年齢を測れるらしい。

よし!高島屋に行こう!

南口を出た瞬間に「行き方分からないから連れて行って」とelveさん。安定のelveさんw

 

ニューマンを通り過ぎて高島屋に到着。何階の何処でやってるんだろう?とフロアガイドを探していると、elveさんがスマホで調べてくれる事に。

e「えっと…伊勢丹、だったみたい」

も&マ「は?え?!」

e「伊勢丹…だった…みたいです…ごめええええん!!!」となって爆笑しましたw

方角真逆!共通点は百貨店って事だけ!w

 

まだ時間に余裕があったし、えっちらおっちらと伊勢丹へ行き、無事にSK-Ⅱのイベントブースへ到着。elveさんともぐたんがきちんと現実に向き合う中、私は現実を見たくないので測定しませんでしたw

 SK-Ⅱはとても良いという評判しか効かないので気にはなっているのですが、何せ高いんでね…。でも美容液はかなり惹かれました。いつか買うかも。

 

時間が頃良くなったので予約していたカフェ「ラ・メゾン」へ。

La Maison ensoleille table|ラ・メゾン アンソレイユターブル

 

あまりケーキが得意ではない私でも美味しくいただけました♪

f:id:mari1216:20190508212127j:image

ここは90分制。

到着時には既に行列が出来てましたが、退店時には更に列が伸びてました。

新宿駅前(又は駅ビル)のカフェは全て行列に並ぶ事になるので、予約が可能なお店は予約をお勧めします。無理なら1時間位並ぶの覚悟して並ぶか、高い喫茶店へ(珈琲1杯1000円以上のお店)。高い喫茶店は意外に空いています。伊勢丹内のカフェは別ですが。

 

女子トーク楽しいね!

毎回言ってる事ですけども、毎回楽しいから仕方ないよw

また遊ぼう!女子トークしよう!

 

令和が始まる。

本日5月1日0時から元号が令和に変わったそうで、元号が変わる事について結構騒いでルイに冷たい目で見られていた割にはアッサリとその時を迎えました。

1ヶ月ぶりに記事を書くので勢いがない。

 

elveさんのオフレポをベースに私もオフレポを書こうと思っているので、その内書きます。現実を直視したくなかったので私は肌年齢を測定していません。

 

ここ最近は時間ができると「ディビジョン2」というゲームばかりやってまして、3/15から200時間位やっています。少ない方かな。意外に時間が取れないです。

積極的にマルチプレイを始めたのはこのゲームが初めてかもしれない。

 

令和と全く関係ない話になったけれど、こんな感じで令和もゆるゆると日常が過ぎていくと良いなぁ。

昭和天皇崩御された時は私は蓼科にいて、旅行先なのに全てがお通夜ムードでつまらなかったなぁと思い出しました。まだ小学生だったからさ…。

モラハラの話の続き、と言う程でもないが…。

前回、モラハラについて記事を書きました。

 

【ツイート貼り付け追記】モラルハラスメントの話。 - 単なる普通の変な人

 

色々書くべき事は沢山ある。

でも、私が熱弁を奮っても届いて欲しい人には届かない可能性の方が高いので、今回は続きと言うより補足…とも言えないレベルの補足をします。

書けば書く程伝わって欲しい事が伝わらなくなる、モラハラ加害者の酷さは。

 

さて本題。

モラハラ加害者が配偶者だった場合、100%離婚した方が良い。物凄く大変だけど、離婚しない方が大変です。その見本が私の両親。

 

私の両親は一度も離婚せず(別居は一度有&家庭内別居は数え切れない)、50年近く配偶者として暮らしており、兄と私の2人の子供がいますが子供もそれぞれ自立し、実家では夫婦2人で暮らしています。

私は20年以上母に父はサイコパスモラハラ加害者であると訴えてきましたが、理解を得られたのは昨年。70歳を超えた両親は離婚は考えていませんが、あと10年程度どう父と接していけば良いのか、母は今模索中です。

 

夫婦2人暮らしと言えどマンションなので、戸建てに比べれば音は多少漏れます(しっかりした造りのマンションだけれど、大きな音は漏れます)。父は些細な事で母を怒鳴りつけ、大声を出します。母が嫌がるのを分かっているからです。

母は、ご近所に父の怒号が響くのが嫌なのです。「恥ずかしいから」。母の気が滅入る訳ではありません。慣れっこです。ただ、ご近所に対して恥ずかしい、その一点のみなのです。だから父は、他人に聞こえる様に大声で不機嫌を母に対して撒き散らします。母が嫌がるのを分かっていて、わざとやる。

自家用車の様な第三者の目も耳もない場所では父は大人しいです。そこで大声を出せば母に逆に大声で詰められるからです。自家用車は走ってるから、例え声が外に漏れたとしてもすぐ走り去ってしまいます。母は恥ずかしくない。

 

モラハラ加害者のモラハラは、歳を重ねると増大します。うちの父も昔はここまで酷くはなかったのです。まぁ、その「昔」も標準から考えたら大きくかけ離れてはいましたが。

歳を重ね、モラハラ加害者が我が行いを省みて優しく変わる可能性は1%未満です。ゼロじゃないけど、そこに賭けるだけの価値のある人でしょうかね、その人は。

 

母はモラハラの事を知らなかったし分からなかったからこんなに長く一緒にいてしまい、今となっては離婚出来ない状況になってしまいましたが、まだ中高年位までの方は離婚した方が良いです。離婚にかかるストレスの方が、その先一緒に暮らしてかかるストレスの数倍楽だと思います。

 

うちの父は「離婚しない母がおかしい」レベルの酷い事をいくつもやってますので母も母ですが、父はそれなりにお金があったので離婚しなかったというのもあるでしょうけども…。

 

配偶者がモラハラ加害者だと気付いたら、水面下で離婚に向けて進んでくださいね。あなたの為に。