単なる普通の変な人

よく変と言われるけど私は普通の人です。

「真っ白な洋服を着られる人なんだね」と言われた話。

いつ何処で誰に言われたのか全く覚えてないし、昨日まで完全に忘れてたんですけど、思い出してみたら結構強烈な思い出だったんで書いてみます。

 

昨日、オンラインで注文していたUNIQLOの商品が届きました。その中に真っ白な綿セーターが1枚。オフホワイトではなく真っ白。紛う事なき白。寝惚けた頭で、セールになってたその真っ白な綿セーターをカートに入れた模様。

 

買ってしまった物は仕方ないし使い勝手も悪くなさそうなので(重いけど)、昨日はそれを着てバイトに行きました。

 

真っ白な綿セーターは元々オーバーサイズを売りにしていた商品なので、真っ白の面積が広いなと全身鏡で見た時に思ってはいたのですが、あまり気にせず出勤して着席。

 

業務中にトイレに行こうとして、同僚の女性とすれ違う際にその人の目が真っ白綿セーターに釘付けになっている事に気付き、タイトルの言葉を思い出しました。

 

誰か「あなたは、真っ白な洋服が着られるんだね」

マリ「…?汚れたら目立つからあまり買わないけどね」

誰か「理由はそれだけ?」

マリ「うん」

 

誰か「自分は真っ白な洋服が着られないんだ」

マリ「どうして?」

誰か「自分に自信がないから」

マリ「?」

誰か「真っ白な洋服を着られる人って、自分に自信がある人だと思う

マリ「?」

誰か「マリは自分に自信があるんだと思うよ。意識してないだろうけど、私(俺?)にはそう見える」

 

その話を聞いた時、私は全くピンと来なかった為、そのまま話を掘り下げる事もなく終わりました。私の思い出もこれだけです。

 

上記の様に考えてる人っているんでしょうか。

 

私は今でもピンと来ません。

今でも汚れが目立つ可能性を考えてあまり買いませんが、何点か持ってます。

 

因みに、「真っ白」は本当に「真っ白」という意味ですよ。シミしわ黄ばみの全くない真っ白。

 

私は気持ち良いと思うのだが…。

古典の勉強とか、もういらないだろ。

私は大学で国文学を専攻していたのだけど、積極的に「国文学が勉強したい!」と思って国文学科に入学した訳ではありません。消極的な理由で入学しました。簡単に言えば受かった大学の中でそこがまだ(自分の価値基準では)マシだったから。

とは言え国文学はそこそこ好きだったし、大学に入学して勉強していく内に更に好きになりましたので、後悔は全くしていないです。

 

ルイは大学時代に電子工学を専攻していて、プログラミングとか私にはよく分からない事に関しても詳しいです。それは良い。頼りになる。

 

ルイが常々言っている事があります。それは、「大学に文学部は必要ない。商学部や経済学部を除いて」というものです。ルイの主張としては、「過去を掘り起こす事のみに従事する分野は、発展がない」という事でした。ルイは「日本を経済的に豊かにする事に直結しない分野は、趣味の範囲でおさまるし、裕福な人達のものだ」と考えているみたいで、かなり辛辣に批判をします。ルイはお金持ちが嫌いです。

 

私はルイの主張を完全否定はしません。一部は理解出来ます。

 

ここまでが前提。

 

今日、録画したドラマを観ていたら、古典の授業風景がありました。何か私がポロっと言ったらルイが「古典なんて勉強する必要ないだろ。もういらない分野だ」と言ったんです。

 

私「古典は好きな人だけ選択して勉強したら良いと思う」

ル「好きな人だけって…もう勉強する必要がないだろ?」

私「じゃあ、ラテン語ヒエログリフも学ぶ必要がないと?象形文字も?」

ル「そういうのは、研究者が研究してるだろ」

私「だから、そういう研究者を目指す、勉強したい、好きである人が選択して勉強したら良いと思うってさっき言ったじゃん」

ル「うん…」

 

ラテン語ヒエログリフ象形文字も古典だよ(正確には古文か)。「古典」という言葉に脊髄反射で反応して否定するルイを見ていると、本当に古典に苦しめられたんだなぁいうのがよく分かります。

 

私も数学と物理に対して脊髄反射否定しない様に気を付けなければ…。

鼻の大きい男性は…。

私の元彼年表を書きました。

私の元彼年表。 - 単なる普通の変な人

 

この記事の最後に少し触れている、

あ、あと何処かで2ヶ月位付き合って自然消滅した人もいる。男性の象徴が本当に本当に信じられない位小さくて、ダメだった。

 

この人との交際が自然消滅になった原因はいくつかあると思うのだけど、「これも絶対一因だな」と思う事があるんですよ。

 

この男性は身長180超えでガッチリしていて見た目はかなり怖く、顔は薄かったけれど整っていて何より鼻筋の通った大きな鼻をしていました。なので、何の根拠も無く私はその男性に対して「アレも大きいのだろう」と思ってしまってたんですよね。でも実際はそうでなくて。

 

かなり彼を傷付けたであろうやり取りがいくつかあったのですが、その中の1つが今から書く事。

 

その日は仕事後彼と待ち合わせをして、ファミレスで夕飯を食べていました。何の話の延長だったのか忘れたのですが、彼がふと、「『鼻の大きい男はアレもでかい』って説広めた奴、こ◯したい」って言ったんです。それに対して私は全く躊躇いなく普通に「そうだね」って答えてしまったんですよねぇ…。

 

答えた瞬間に「あ」と思ったんですが時すでに遅し。彼は不機嫌な顔でだんまりを決め込みました。その日は早々に解散し、そこから何となく会う日が減っていった気がします。

 

本音が出てしまったよ、思わず。

11月後半に向けてバタバタしそう。

今月は比較的落ち着いて過ごせそうですが、来月の11月が後半に向けてバタバタしそう。

 

私達の結婚記念日が11月23日。

次の日の11月24日に実家まで黒留袖を取りに行って、11月25日は義弟結婚式当日です。

 

かんざしを買わないといけないのだけど、呉服屋さんに行く気力がない…。

 

結婚式前に髪を整えるレベルに切って、髪色変えて、トリートメントもしないとなので、結婚式の2日位前に美容院の予約を押さえねば。

 

ほんでなるべく早い内に実家に黒留袖を返さねば(私ではケア出来ないし猫の毛がつく為)。

 

結婚式終わったらまたショートにしよっ!

肩まで髪伸びて暑いし邪魔!

私の元彼年表。

自分が初彼から今まで何人と交際してきたのか、今となってはハッキリ思い出せなくなってまして。

なので、元彼年表を作ってみようと思います。

 

まず。

中学1年生の時に初めて男の子に「付き合ってください!」と申し込んでOKを貰ったのですが、初デートで映画「ミザリー」を観てテンションただ下がりの中、私が財布を失くすというハプニングがあり、その後1度もデートも一緒に通学する事もなかったので、私の中ではこの男の子は彼氏と思ってません。

 

なので、私に初めて彼氏が出来たのは、19歳の大学生の時です。私は一浪している為、大学1年生の時に出来ました。

 

*19歳(大学1年生の夏)→同じ歳のJ君。初彼。付き合う前に肉体関係になる。私が処女である事は隠す。3年半(大学卒業まで)付き合う。私の知る限りでは2回浮気してるはず。

 

*23歳(新卒)→25歳の…名前失念。飲み会で仲良くなって肉体関係まで進む。その後地元に彼女がいる事が分かり、「現地妻的付き合いなら良いよ」と言われ、別れる。交際期間は2ヶ月位かな。

 

*23歳(新卒)→26歳のM君。何がきっかけか忘れたけど知り合い、職場が近い事が判明。付き合う前に肉体関係になり、その後何も言われないので私から「付き合いたい」と申し出て交際開始。若い頃の伊藤英明そっくり。イケメンマッチョ。営業マンでモテモテ君。1年生半程交際し、浮気回数がエグいので最終的に私が「どうしたいの?」と聞いたら「まだ俺遊びたい」と言われて振られる。

 

*25歳(無職)→24歳の…名前失念。彼の父親が大阪で起業しており、彼は2代目社長予定。東京に支店を出したので、その為に上京してきた。高給取りで高級マンションに住み、毎日一緒にいたがるので、ほぼ半同棲。生活費は全て彼が払っていた。食費も私は一切払ってなかった。そんな生活に彼が疑問を持ち始めた頃、私の転職先が決まり、別れる事に。交際7ヶ月位。

 

*26歳(アパレル事務員)→29歳の職場の先輩、A君。夜景の見えるお高めレストラン(?)にて交際を申し込まれる。彼氏いないし良いかと思って交際開始。彼の傲慢さやワガママがどんどん出てきて、嫌になり私から別れを切り出す。彼は縋り付き全く諦めてくれないので、「友達に戻り、その間に私は別の人と付き合うから、それでもまだ私の事を好きだったら改めて考える」と伝え何とか了承を得る。交際7ヶ月位。

 

*27歳(アパレル事務員)→自動車整備士の28歳、名前失念。何となく付き合う。女々しいし考え方が全般乙女な為、私の方に限界がきて私から別れを切り出す。交際4ヶ月程度?

 

*27歳(アパレル事務員)→同じ歳の他社アパレル店員、K君。高身長のお洒落イケメンだったが、足が究極臭くて私から別れを切り出す。お座敷で並んで座ると、食欲がゼロになるレベルの臭さであった。「仕事が忙しい」と言う嘘をついて別れた。交際4ヶ月程度。

 

*27歳(アパレル事務員)→上記のA君とよりを戻すが、やはり全然変わってなくてすぐに嫌になり、私から別れを切り出す。後々、職場で会う度睨まれる様なる。交際4ヶ月程度。

 

*28歳(アパレル事務員)→26歳の放射線技師H君。交際を申し込まれて、例のごとく「彼氏いないから良いか」と思い交際開始。束縛する割には愚痴が多いし、出会い系を利用しているのを3回発見して私から別れを切り出す。泣いて縋られたけれど新宿駅に放置して帰宅。交際4ヶ月程度。

 

*28歳(アパレル事務員)→26歳のサラリーマンT君。交際を始めて半年後に、実はバツイチ子持ちで元奥さんの所に子供がいる事、借金が300万あり弁護士に債務整理してもらって返済中である事が判明。その後もボロボロと嘘が出てきてとても信じられなくなり、私から別れを切り出す。でも1年ちょっと付き合った。

この彼である。

縁切りしたい。縁切りしよう。 - 単なる普通の変な人

昨日書いた元彼のメンタルが強靭。 - 単なる普通の変な人

 

*30歳(大手メーカーにて派遣)→32歳大手サラリーマンのHI君。高身長で私のだいっすきなフォルム。彼から交際を申し込まれて交際後、すぐに結婚前提で同棲。しかし同棲してるのにちょっとした喧嘩で2週間ガン無視されて、別れを決める。交際期間はどれ位なのか不明。お互いの親には挨拶済みであった。

 

*31歳(大手メーカーにて派遣)→同じ歳のフリーランス建築士、S君。東大卒で隈研◯のデザイン事務所で勤務経験もあり、その後他の会社でも経験を積んでフリーランスになったのに、借金500万あって自己破産申請している事を暫くしてから知らされる。「僕は結婚するつもりないよ」と言っていてそれは全く構わなかったのだが(私は結婚願望は薄い)、努力する姿勢が見えなくて私から別れを切り出した途端、「結婚しても良い」「ちゃんと就職する」「痩せる」等縋り付き始めたので、3ヶ月以内に就職とダイエットが成功したらよりを戻すと伝えたが、案の定達成出来ずお別れ。交際4ヶ月程度。

 

*32歳(大手メーカーにて派遣)→30歳サラリーマンのルイと付き合う。初デートの日に付き合うか付き合わないか選択肢を迫り、交際3ヶ月で入籍。

 

こうやって書き出してみると、この人が何処ら辺の人なのか分からない。

洗脳に失敗した元彼。 - 単なる普通の変な人

 

あ、あと何処かで2ヶ月位付き合って自然消滅した人もいる。男性の象徴が本当に本当に信じられない位小さくて、ダメだった。

 

経験人数はもう分からんなぁ。

すぐやってたしな。

 

今日は眠気限界だから、またいつか掘り下げよう。 

肋骨の折れ方で痛みが違う。

前回の記事で不安に感じていた通り、肋骨にヒビが入っていました。

 

整形外科でレントゲンを撮るの、一体何回目なんだよあたしゃ。

 

先生「骨折してますね」

私「ヒビですよね?」

先生「ヒビも骨折です」

 

ヒビも骨折なんだ…。

 

肋骨にヒビを入れるのは今回で3回目ですが、ピシッと綺麗にヒビが入ってると比較的痛みが弱い気がします。

 

1回目は、「病み上がりで友人と居酒屋に入り、食事を前にしてくしゃみと咳が一度に出そうになったので口を手で押さえて口を開けずに堪えたら、胸の中で小爆発が起こって」胸辺りの肋骨にヒビが入りました。

 

2回目は、「自宅居間でゴロゴロしていて、そのままゴロゴロと床から座椅子に転がったら」脇腹辺りの肋骨にヒビが入りました。これ、本気で理由が分からん。

 

今回は、「泥酔して記憶のない中、身体中アザだらけであちこち痛いなと思ってたら」胸下辺りの肋骨にヒビが入ってました。

 

2回目はそこまで痛みが強くはなかったのですが、1回目は本当に痛くて、ベッドに横になったら痛みで起き上がれなくなる為、数日座って寝ていました。キツかった。若いから耐えられたんだと思う。

 

んで、今回はその間位。

痛いけど横にはなれる。

ただ、寝返りの時に痛みで目が覚める事もある。

振動が辛いので、自転車には乗れない。

 

昨日の機種変更手続き、3時間超えでずっと座ってるのは本当に泣きそうであった…。でもまた日を改めるのも面倒臭いと思って耐えた…今日はゾンビの様な1日になるであろう。

 

生理になったしな…。

 

iPhone8を購入しました。

慣れない。

 

最近、「何でブログを始めたんだっけ?」と考えたら、過去の恋愛話を沢山書こうとしていたのを思い出した。

今度、元彼年表を作ってみよう。

元彼の名前、半分位しか覚えてないけど_(:3 」∠)_

酒断ちします。ずっとです。

土曜日の事を本当に本当に反省していて、自己嫌悪の塊から脱するにも時間かかってますし(まだ脱してない)、ルイは「怒髪天を衝く」状態ですし、何だかね…身体中のあちこちが痛くて特に肋骨辺りに不穏な激痛がね、あるんです。多分やってる、肋骨。明日整形外科行くし…。

 

凄く楽しいオフ会の後に凄まじい自己嫌悪に陥って抜け出せないって、物凄く損した気分。

さめさんに迫ってるしさー( ;´Д`)

しかもその記憶がないっていうさー。

酷すぎてもう…言葉が出ない訳なんですよ我ながら。

 

だから、お酒やめます!

 

ルイにも宣言した!

 

私の人生、酒に逃げるのはやめだっ!!!