単なる普通の変な人

よく変と言われるけど私は普通の人です。

宿泊代を体で払えると思うな。

相変わらず咳が止まりませんが、何とかお客様との話中は咳を堪えられてます。

このまま治って欲しい。

 

最近頻繁に思い出す事がある。

確かあれは私が28歳の時。

 

私は、合コンで知り合った25歳の男性に好意を持った。顔が好みで、中身はあまりよく知らないままに猛アピールを続け、1回だけ一緒に飲みに行って体の関係を持った。

その後、どんなに彼に誘いを掛けてものらりくらりとかわされ、会う事が出来なかった。

 

もう諦めるしかないかーなんて思い始めていたある夜、彼から電話が掛かってきた。時間はもう23時を過ぎていて、寝ようとしていたところだった。

驚きながらも喜んで電話を取った私に対し彼は、「終電を逃してしまったので、泊めてくれないか」と尋ねてきた。友人と飲んでいた様だった。

私のアパートは新宿から電車で15分程の近さにあり、終電はかなり遅い。その時間なら余裕でまだ電車があった。

 

私は彼に会える事が嬉しくて、それを快諾した。彼はその夜私の部屋に泊まり、私とまた肉体関係を持った。

 

私は諦めかけていたけれど、それでまた期待してしまった。だからまた何度も彼に誘いを掛けたけど、やはり彼はのらりくらりとかわして会う事は叶わなかった。

 

再度諦めるかと思い始めていたある夜の23時過ぎ、また彼から同じ内容の電話が掛かってきた。彼は電話の向こうで笑いながら、さも当たり前の様に泊めてくれと言ってきた。

 

私は断った。

 

彼は戸惑った様だった。

「え?あ、え?」とどもっていたけれど、私は繰り返さずに「じゃあね」と言って電話を切った。

 

うちは無料の宿泊所ではない。

私の好意ありきの上での宿泊可能な部屋だ。

日常生活の一片も私の為に切り取らずに、その時だけ泊まろうなんて考えが甘い。

抱いとけば良いと思ったのかもしれないが、そんな訳ないだろう。夜の方がプロ並みに上手いならあり得るのかもしれないが、単なる素人で、セフレ以下の扱いをしておきながらそれはないだろう。

 

彼への好意は不思議な程綺麗に消え去った。

 

月に1回3時間程度でも私に時間を割いてくれていたなら、都合良く無料宿泊所をキープ出来たかもしれないのに。馬鹿な男だ。

 

私が一番の馬鹿者だけどね。