単なる普通の変な人

よく変と言われるけど私は普通の人です。

洗脳に失敗した元彼。

私が20代後半で知り合った元彼は、優しい言葉と冷たい言葉が分刻みで入れ替わる人でした。関係が終わってから気付いたのですが、あれは洗脳の一種だったのだと思う。私は全く洗脳されなかったけれど。その元彼は洗脳に失敗した訳です。

 

彼とはどうして知り合ったのか忘れたのですが、最初、彼は歳を誤魔化してました。29歳だと言っていたのに、実は35歳。免許証を見せられました。「老けた29歳だな」とは思ってましたがまさか本人に言う訳にもいかないし、実際に老けた29歳もいるので彼の言葉を信じてました。実年齢を伝えられた時は驚きましたが顔には出さず。

 

この、「年齢を誤魔化し後日免許証を見せて実年齢を伝える」という方法は、恐らく最初の「ふるい」です。それでも自分に背かない女性を探す為の。私はこのふるいから落とされず残りました。ただ何も反応しなかっただけだけども。

 

彼は最初の数回会った時点ではとても魅力的に見えました。長身で塩顔イケメン。会話も上手く、年上の余裕を見せました。少なくとも当時の私にはそう見えました。

彼は彼女がいる事も隠さず伝えてきて、恋人を探してる訳ではなく友人を作りたいと言ってきました。東京に来たばかりで友人がいないから、と。私はすぐに彼に好意を抱いてしまったので、友人でも良いかと思い承諾しました。が、私は好意だけは伝えたのです。これが2回目のふるいだったのかもしれません。

 

彼は彼女とは遠距離だが別れるつもりは無いと言っていたので私は自己満足の為に好意を伝えたのですが、彼は「それでも良いなら付き合おう」と言ってきました。ん?意味が分からない。完全なる「お前は2号さん」宣言なのに、私の頭は混乱して活動を停止し彼と肉体関係を持ってしまいました。何だお前?と過去の自分には言いたい。

 

彼と肉体関係を持ってから何日かは脳の活動停止期間が続いた為に何回か彼と回数を重ねた訳なのですが、ある日ふと「おかしくないか?」と気付きました。

気付いたので彼には関係解消の旨をメール。すると彼は「じゃあ友人に戻ろう」「今夜会ってご飯を食べながら話そう」と返してきました。ノコノコとそこへ出向く私がおかしいのですが、まだ私は彼を信じていたのですよね。当時の私の脳内お花畑っぷりが凄いな!

 

会って話すと彼は関係解消の事には全く触れず、終いには店を出た所で私を無理矢理タクシーに押し込んで彼の自宅へ連れて行こうとしました。

 

さすがの私もそこで彼の意図に気付き、猛烈に抵抗。あまりの抵抗&叫び声にタクシーの運転手さんもドアを閉められず、モタついてる間に私は逃げました。彼からの連絡はそこで終わり、終わった、ホーッとしてたら、1週間後の朝の通勤ラッシュ時に新宿駅の階段で彼とすれ違い、私は無視を決め込んでいたため彼に軽く肩を叩かれました。彼も私を無視すると思い込んでいた私は驚き、思わず彼を見、彼と目が合いましたが人波に流されてそのまま。本当にやっと終わった、ホーッとしてたら更に1週間後に彼からメールが。

 

折角俺が肩を叩いて謝罪するチャンスをやったのに、何で何も連絡してこないんだ?

 

開いた口が塞がらないとは正にこの事、という位驚きましたよ。いやいや、あのタクシー連れ込みの件は完全に拉致監禁未遂ですよね?どうして私が謝罪しなきゃいけないの?ここで初めて私は怒りが湧いてきました。

どうにか彼をギャフンと言わせてやりたい

 

そんな事は考えない方が良いのに…馬鹿過ぎますね。

 

ただ、自分がこれ以上消耗したくないという気持ちはありました。良かった。だから私は、小学生がつく様な嘘をついたのです。

実は私の実家は長く続く家柄で、私はその跡継ぎ。資産がある為、婿を迎えなきゃいけないのでそろそろ本格的に婚活をする。婿に来てくれる人としか付き合えない

嘘と真実を混ぜ合わせつつも非現実的な、厨二病的な嘘。まっ、誰も信じないよね!プークスクス。彼は「結婚したら俺は婿には行けない、嫁を取るしかない」って言ってたし!それが彼女と結婚しない理由って言ってたし!

 

ところがどっこい、彼は食いついてきたんですよね。それは何故か。金ヅルにしたかったからです。そして喉から手が出るほどお金を欲しがっていた。彼は自らが信仰する宗教へのお布施で一文無しだったのです。信者も獲得したかったのでしょう。彼は私を懐柔し始めました。

 

それまでも飴と鞭を使い分けていた彼ですが、この私の嘘からはそれが滑稽に見える程激しくなりました。最初に書いた様に、分刻みで入れ替わる。私が嫌がる事、ショックを受ける事を重点的にし、すぐさまそのフォローにまわる。メールも着信も止まらなくなりました。「婿に入っても良い」とか言い出すし。何なのあなた。

 

その頃には私は彼に恐怖心を抱いていて、着信拒否する事が出来なかったのです。下手に刺激したくなかった。でも無視はしてました。すると彼は私の仕事終わりを狙って私宅の最寄駅で待ち伏せ。自宅は教えてなかったので、最寄駅で待ち伏せていました。説得に入る彼を無視し続けて歩き続け彼を撒こうとしましたが失敗。自宅を知られてしまいました。その事により更に私の恐怖心は強まります。彼はストーカー化。でもとにかくひたすら無視しました。

 

最終的に彼は情に訴える手段に移行したらしく、「◯月◯日に地元に戻るから最後に会えないか?」とメールしてきました。これが嘘か本当かは分かりませんでしたが、私はこの日まで無視し続けて今の状況に耐えようと決めました。そもそも自分の嘘が状況を悪化させた訳だし。

 

トータルでどれ位彼と関わったのかは明確ではありませんが、多分数ヶ月。彼が地元に戻ると言っていた日がきました。

 

相変わらずメールや着信は続いてましたが、私はその日まで彼と会わず、無視して、その日は寝ました。普段より早く寝ました。疲れてたし。

 

次の日の朝起きると、彼からメールが2通入ってました。どうやら23時頃に10分程置いて送ってきた様です。

最初のメールは相変わらずで、どれだけ会いたいかどれだけ私を愛してるかどれだけ自分が辛いかを長文で綴ってあり、いつも通り平常運転。

次のメールで私は衝撃を受けました。

 

10分程しか経っていないのに、私の人格から容姿までそして夜の関係についても全否定の罵詈雑言長文メール。

 

20何年生きてきて聞いた方がない様な酷い言葉の羅列でした。ショックを受けてしまい、すぐにそのメールは消しました。

私はそのメールにも返信はしませんでした。無視。幸いにも彼からはそれ以降全く連絡ありません。

地元に帰ったかどうかは定かではありませんが偶然再会する事もなく10年程経ちましたので、今は安心しています。

 

元彼と縁が切れてから暫く経った頃、ストーカーやデートDVモラハラなどが世間で話題になり、その後洗脳によって他人に殺人をさせる事件なども起こりました。それでモヤモヤと考えたら「あれって洗脳しようとしてたんじゃ?」と思い、書き起こしてみた訳です。

 

2日に渡って書いたから、途中で勢いが途絶えてしまったな…。