読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単なる普通の変な人

よく変と言われるけど私は普通の人です。

縁切りしたい。縁切りしよう。

先日、ひょんな事から元彼の1人と会うことになった。
その人は私の元彼の中で最も隠し事が多かった人で、私に色々なぐちゃぐちゃした黒い気持ちを植え付けた人でもある。
もちろん2人きりで会った訳ではない。

その元彼と別れてから凄く長い時間が過ぎていたのに、私はその元彼に会った瞬間にドス黒い気持ちが湧き上がってくるのを止められなかった。
普通の顔で、何事も無かった様に私に話し掛けてきて、奥さんも子供もいて仕事も充実してる元彼。
あの頃と全く変わらない格好のつけ方をしていて、見てるだけで気分が悪くなった。
帰りたかったけれど、他の人もいるし、大人げないと思われたくなかった。
何より、元彼に「もしかして俺の事がまだ好きで、辛くなっちゃったのか?」みたいな勘違いをされたくなかった。だから帰るのは我慢した。それが良くなかったのか分からないけれど、お酒の入った元彼は他の人の目を盗んで私と手を繋ごうとしてきた。思い切り振り払っても何度もやってくる。最後には「止めてよ!」と強めに言ったけど、「何で?」みたいなキョトンとした顔をした元彼が本当に憎かった。

私はこの元彼を忘れたかったし、忘れられると思った。時間が、辛い思い出も懐かしい思い出に変えてくれると思った。でも全然変わらない。いつまでも憎くて、不幸になれと思っている。

醜い自分を認めなくてはいけなくて、元彼を選んだ過去の自分が情けなくて悔しくて、まだ元彼に気があると元彼に思われている事にも反吐が出そうで、暗い夜道を泣きながら歩いた。嗚咽を漏らす程号泣した。

元彼は沢山いるけど、その人達の不幸を望んだ事は無い、この元彼を除いては。この元彼だけは不幸になれと思っている。