単なる普通の変な人

よく変と言われるけど私は普通の人です。

映画『ゴースト・ハウス』を観た。

民放で放送されてたのを録画してて、今日観ました。ジャンルはホラーです。

最近のホラー映画(洋画限定)は全く怖くないので大して期待しないで観たんですけど、意外に途中まで面白かった!
と言うか、恐怖を上手に感じさせてくれた。

人間って、自然でない動きをする物に恐怖を覚えるんだなと実感しました。
見えちゃいけない「何か」が、タイムラプスみたいな動きするんですよ。早回しみたいな。コマ送りか?とにかく自然ではない動き。
私はそれにすっかりやられまして、その時点で恐怖心を植え付けられ、途中まで楽しく(?)怖がれました。

でも途中からはそれが一切出てこなくなって普通のホラーになったので、ストーリーだけを追う形に。

内容や演出等、映画全体として考えると観なくても良いねって作品なんですけど、あのゾクリとする感じが久々で嬉しかったので、備忘録として書いてみました。
ネタバレ無しで書くのって難しいなぁ。

昔、後輩男性と宅飲み(後輩男性宅)していた時にホラー映画を観て、私が全く怖がらずにただずっと黙って映画を観ていたら、後輩男性に不満を漏らされた事があったなぁと思い出したりして。